掲示板

44709
当講座(またはTJS全般)に関するご意見・ご質問・コメントなどございましたらお気軽に書き込んで下さいませ。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

セーブ・ロード画面について - ざわう

2016/10/23 (Sun) 18:55:41

はじめまして。
二週間ほど前から吉里吉里を使ってゲーム制作をはじめた者です。
tack様が制作されたセーブ・ロード画面を使用させて頂いております。
こちらのセーブ・ロード画面はトランジョンを用いて前のページに戻った場合、セーブデータのサムネイルにマウスカーソルをあわせたままだと画像のようなエラーが発生してしまいます。
このようなエラーを回避する方法は、トランジョンを使用しないこと以外にありますでしょうか?

Re: セーブ・ロード画面について - tack URL

2016/10/24 (Mon) 19:24:24

初めまして。
当サイトのスクリプトをご利用いただき、ありがとうございます。

セーブ・ロード画面からトランジションを使って前のページに戻るとエラーが発生するとのことですが、どのようにして前のページに戻っているのかを具体的に(出来れば実際のスクリプトと共に)ご説明いただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Re: セーブ・ロード画面について - ざわう

2016/10/24 (Mon) 20:50:34

tackさん、メッセージありがとうございます。

セーブ・ロード画面からトランジョンを用いて、右クリックでセーブ・ロード画面を開く前のページに戻る時、セーブデータのサムネイルにマウスカーソルを合わせたままだと(クリックではなく、カーソルがサムネイル上にある場合)エラーが発生してしまうようです。
参考までに、画像を添付しておきますね。

何卒よろしくお願いします。

Re: セーブ・ロード画面について - tack URL

2016/10/25 (Tue) 20:50:32

ざわうさん、ご返信ありがとうございます。

添付していただいたスクリプトを拝見した限りでは、恐らく、クリッカブルマップ関係の問題だと思います。
詳細は割愛させていただきますが、このセーブ画面の場合、temploadを実行した段階で、クリッカブルマップが使用不能になるのですが、トランジション中にサムネイル上にマウスカーソルがあると、クリッカブルマップのスクリプトが実行されてしまうのでエラーになっているものと思われます。

このエラーの回避策としては、以下のように、トランジションを始める前に、クリッカブルマップを無効にするのが良いのではないでしょうか。

[tempload place=0 bgm=false backlay="true"]
[mapdisable layer=base]
[trans method="crossfade" time="500"]

以上、ご参考になりましたら幸いです。

Re: セーブ・ロード画面について - ざわう

2016/10/25 (Tue) 22:23:30

お早い回答をどうもありがとうございます。

tackさんの仰る通りクリッカブルマップを無効化したら回避できました。
本当にありがとうございました。

メッセージウィンドウのシステムボタンについて - からみん

2016/06/06 (Mon) 06:57:51

はじめまして。
いつも楽しく悩み、TJSを学ばせて頂いてます。

まだまだ理解が足りない状態での質問で申し訳ないのですが。

現在、システムボタン参考にさせて頂いてます。
そこで、ボタンを増やしてゲームタイトルに戻る事は可能でしょうか?

お手数ですが、アドバイスよろしくお願いします。

Re: メッセージウィンドウのシステムボタンについて - tack URL

2016/06/06 (Mon) 18:01:23

初めまして。
いつも当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

システムボタンについて、ゲームタイトルに戻るボタンを追加することは可能です。

exsystembutton.ksファイル内のExSystemButtonPluginクラスのcreateButtonsメソッドにスクリプトを追加すると、ボタンを追加できます。
具体的には、このメソッドの最後に、以下のようなスクリプトを追加すると良いと思います。

// ボタン 6 (タイトルに戻る)
array.add(obj = new ExSystemButtonLayer(kag, parent, onTitleReturnButtonClick));
obj.loadImages('button_title'); // タイトルに戻るボタン用画像を読み込みます

なお、'button_title'というボタン画像は適宜ご用意ください。
また、タイトルに戻るボタンを押すと、上記の例の場合はonTitleReturnButtonClickメソッドが呼び出されますので、タイトルに戻る処理を記述したメソッドを以下のように作る必要があります。(
onHideMessageButtonClickの後あたりに記述してください)

function onTitleReturnButtonClick()
{
// タイトルに戻る処理
}

タイトルに戻る処理はゲームによって違いますので、ここでは省略させていただきます。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

Re: メッセージウィンドウのシステムボタンについて - からみん URL

2016/06/07 (Tue) 06:46:18

tack様、早い返答ありがとうございます!

無事、ボタンの設置、タイトル画面に戻ることが出来ました!

今回、システムボタン、ロード・セーブ・コンフィグ、メッセージ履歴等
吉里吉里でのシステム回りのスクリプトをお借りさせていただいてます。

どれも再編集するにもわかりやすく。
初心者の私でもとてもTJSに接しやすいです。

これからも運営大変かと思います
でもいつまでも残って頂きたいサイトだと思います。

また、質問する事があるかもしれませんが
よろしくお願いします。

本当にありがとうございました!


追記(16_08_12)
無事、ゲームを公開する事が出来ました。
もう一度言わせてくださいw
本当にありがとうございました!

レイヤ移動機能拡張プラグインに関しまして質問させてください - てぃろ

2016/03/30 (Wed) 15:37:36

はじめまして。
吉里吉里のゲーム制作に関して、いつも参考にさせて頂いています。

画像を縮小(ズームアウト)しようと思い、以下のようにタグを打ったのですが、描写が非常にカクつくのですが、指定の仕方などが不味いのでしょうか?

[exmove layer=0 time=9000 path="(,,,83)"]

※ 拡縮ではなく移動や不透明度の変更の場合はカクつきませんでした

初心者故に稚拙な質問かも知れませんが、ご教授頂けますと助かります。

どうぞ、宜しくお願いします。

Re: レイヤ移動機能拡張プラグインに関しまして質問させてください - tack URL

2016/04/01 (Fri) 20:55:55

初めまして。
いつも当サイトをご参考にしていただき、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、タグの書き方には問題ないように思われます。
拡大・縮小処理は、レイヤの移動・不透明度の変更処理にくらべてかなり重いですので、ある程度の大きさの画像にexmoveタグを適用すると、(実行するPCの性能にもよりますが)動きが硬くなることは十分あり得ます。

どのような実行環境でどのような画像をお使いかが分かりませんので断言はできませんが、スクリプトの不備というよりは、画像の拡大・縮小処理が追いついていないのが、動きが硬く見える原因になっている可能性が高いと思います。

ボタンプラグインお借りしました ボサボサプロジェクト ボサ URL

2015/07/14 (Tue) 00:55:59

tack 様へ
お世話になっております。

同人ゲームサークル:ボサボサプロジェクトの
ボサと申します。

前作に引き続きまして当サークルの新作ゲームにも
ボタンプラグインをお借りいたしました。

ありがとうございます。

Re: ボタンプラグインお借りしました - tack

2015/07/15 (Wed) 08:38:09

ボサ様

いつもお世話になっております。
プラグインご使用のご報告、ありがとうございます。

拙作のプラグインが少しでもお役に立てましたら幸いです。

右クリックとクリッカブルマップについて - むぅ

2014/10/12 (Sun) 02:58:42

始めまして。
こちらのサイトを見ながら吉里吉里でゲームを作っているものです。

まだまだ初心者の分際で恐縮ですが質問させて下さい。

こちらのサイトを参考に右クリックサブルーチンを作成したのですが、右クリック画面の設定で、クリッカブルマップを無効にすると、元の画面に戻ってもクリッカブルマップが無効のまま、という問題が起きています。

クリッカブルマップを使った探索型のゲームなんですが、その画面上で右クリック→右クリック画面へ→戻るとクリッカブルマップが機能しないまま、となってしまっています。

*探索
[image storage=探索画面 layer=base page=fore mapimage="探索画面_p" mapaction="探索画面.ma" visible=true]
[current layer="message0"]
[s]

*机
机だ[l][er]
[jump target=*探索]
[s]

右クリックは「rclick.ks」というファイルを作って以下のように記述しています。(ただ持っているアイテムを表示しているだけの画面です)

*rclick
[history output=false enabled=false]
[store enabled="false"]
[rclick jump="true" target=*rclickend]
[mapdisable layer=base page=fore]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[position layer="message3" opacity=200 visible="true"]
[current layer=message3]
[nowait][font size=40]
【所持品】[resetfont]

[locate x=30 y=60][emb exp="f.aitem"]
[locate x=30 y=134][emb exp="f.aitem1"]
[locate x=30 y=168][emb exp="f.aitem2"]
[s]

*rclickend
[endnowait]
[layopt layer="message3" visible="false"]
[layopt layer="message0" visible="true"]

[current layer="message0"]
[store enabled="true"]
[history output=true enabled=true]
[rclick call="true" storage="rclick.ks" target="*rclick"]
[return]

何かアドバイスを頂ければ幸いです。

Re: 右クリックとクリッカブルマップについて - tack URL

2014/10/12 (Sun) 16:01:45

初めまして。
当サイトを参考にして頂き、ありがとうございます。

ご質問頂きました件ですが、KAGのリファレンスによりますと、mapdisableタグには以下のような説明があります。

『指定したレイヤのクリッカブルマップを無効にします。以降は image タグや mapaction タグを使って領域アクション定義ファイルを読み込まなければクリッカブルマップは使用できません。』

記載して頂いたスクリプトには、*rclickendラベル以降に背景画像(探索画面)を再読み込みするスクリプトが書かれていないようですので、右クリックサブルーチンから戻った際にクリッカブルマップが使えなくなっているのではないでしょうか。

*rclickendラベル以降に、背景画像を再読み込みするimageタグを追加すると問題が解決するのではないかと思いますので、試してみて頂けますと幸いです。

再読み込みについて - むぅ

2014/10/12 (Sun) 16:49:04

*rclickend以降に書かなければいけない、領域アクション定義ファイルと領域画像を再読み込みする方法なのですが、(恐らく両方読み込まなければいけないと思うのですが)

今制作している脱出ゲームが、Aの部屋の中でドアをクリック→Bの部屋に行き、Bの部屋探索画面のクリッカブルマップに・・・

というように、背景画像、領域画像、領域アクション定義ファイルがそれぞれ複数存在する場合、「現在使われている領域アクション定義ファイルと領域画像」を再読み込みする様に記述するには、どうすればよいのでしょう?

様々なサイトを見たのですが、右クリック時に「クリッカブルマップは無効にする」はという一文はあるのですが、その後右クリックサブルーチン内で再読み込みしている記述が見つからず、お恥ずかしながらどのように再読み込みすればよいのかわかりません。

今回の場合、もしそのまま
*rclickend
[endnowait]
[layopt layer="message3" visible="false"]
[layopt layer="message0" visible="true"]

↓↓この部分に再読み込みを追加
[image storage=探索画面 layer=base page=fore mapimage="探索画面_p" mapaction="探索画面.ma" visible=true]
[current layer="message0"]

[store enabled="true"]
[history output=true enabled=true]
[rclick call="true" storage="rclick.ks" target="*rclick"]
[return]

このように記述を追加した場合、別のBの部屋にいっても、そこで右クリックした場合、以前の画面に戻ってしまうことになるので、恐らくそのまま読み込むのではなく、「現在表示されている背景画像」から「現在使われている領域アクション定義ファイル・領域画像」を判定し、それを読み込まなければいけないと思うのですが、この「現在表示されている画像」(もしくは直前まで使用されていた領域アクション定義ファイル)を判定し、再読み込みする方法がわかりません・・・。

TJSに関してはまだまだ不勉強中なので、質問ばかりで申し訳ございませんが、できましたら、この点についてもアドバイス頂ければ幸いです。

Re: 右クリックとクリッカブルマップについて - tack URL

2014/10/12 (Sun) 21:16:48

右クリックサブルーチンから復帰する時に、それまで表示されていた背景画像を読み込むには、どの方法が一番良いかは分からないですが、例えば以下のようなimageタグを*rlicckendに記述してみてはどうでしょうか。

[image layer=base page=fore storage="&kag.fore.base.Anim_loadParams.storage"]
↑上記のスクリプトは1行で記述してください。

kag.fore.base.Anim_loadParamsには、表ページの背景レイヤに対して直前に実行したimageタグの属性の情報が格納されていますので、kag.fore.base.Anim_loadParams.storageは、右クリックサブルーチンに入る前に実行したimageタグの画像ファイル名(storage属性の値)を表しています。

ただし、この方法は表ページの背景レイヤに何らかの画像が読み込まれていないと正しく動作しませんので、右クリックサブルーチンに入る前に必ず背景レイヤに画像を読み込んでおいてください。

なお、画像ファイル名が"探索画面"の場合、mapimageのファイル名が"探索画面_p"で、mapactionのファイル名が"探索画面.ma"であれば、imageタグのmapimage属性とmapaction属性は省略可能です。

以上ご参考になりましたら幸いです。

ありがとうございました! - むぅ

2014/10/12 (Sun) 22:41:27

前回、ご返信とアドイバスを頂いたのにも関わらず、最初にお礼を言いそびれておりました。大変申し訳ございませんでした、そして、本当にありがとうございます。

アドバイス通り*rclickend後に
[image layer=base page=fore storage="&kag.fore.base.Anim_loadParams.storage"]

と記述したところ、無事、クリッカブル画面上で右クリック→右クリックメニュー表示→再び右クリック、で画面に戻り、そのままクリッカブルマップも通常通り機能いたしました。

メンバ変数など、その辺りの部分はやはり全て一人で理解するのはまだ難しかったので、再三のご返信とアドバイスを頂けました事、感謝致します。

自分ひとりではずっと悩んだまま解らなかったと思います。
本当にありがとうございました。
もっと深くTJSを理解できるよう、もっと勉強します。

質問させてください。 - ジャック

2014/06/04 (Wed) 15:41:43

初めておじゃまします。
吉里吉里でゲーム制作をしてみたい思い、調べているうち
こちらのサイトを見つけ、わかりやすい説明で大変助かっ
ています。

その上で質問なのですが、私が作りたいと考えているゲームが
「限定されたマップ上を時間経過とともに、ランダムに移動す
るモンスターを罠で捕獲するゲーム」なのですが、こういった
ゲームは製作可能なのでしょうか?

まだ初心者でわからない状況なので、”素人には無理・・・”などの意見やおすすめの本などがあれば、アドバイスいただけな
いでしょうか、よろしくお願いします。

Re: 質問させてください。 - tack URL

2014/06/05 (Thu) 20:28:36

はじめまして。
当サイトをご参考にして頂き、ありがとうございます。

アドベンチャーゲームやノベルゲームの作成に特化した吉里吉里ベースのシステム(KAG)は提供されていますが、「限定されたマップ上を時間経過とともに、ランダムに移動するモンスターを罠で捕獲するゲーム」となりますと、ノベルゲーム等で一般的に使用されるもの以外の機能も必要になりそうですので、吉里吉里での制作は可能だとは思いますが、その場合には恐らくTJSスクリプトの習得が必要になるのではないかと思います。

吉里吉里関連の書籍は、OUTFOCUS様にて紹介しておられますので、こちらを参考にされてはいかがでしょうか。

http://hpcgi1.nifty.com/gutchie/wifky/wifky.pl?p=%A5%D6%A5%C3%A5%AF%A5%DE%A1%BC%A5%AF#p1.2

なお、これらの書籍の多くはアドベンチャーゲームやノベルゲームを作成する事を念頭に置いて著されているのではないかと思いますので、参考にはなると思いますが、書籍や吉里吉里関連サイトのみでは、目的のゲームが作れるとは限りませんのでご注意ください。

制作を検討されているゲームの規模や複雑さにもよりますが、目的のゲームを作るためには、書籍や関連サイト等から吉里吉里の基本的な部分を理解された上で、その先はある程度独力でTJSスクリプトの習得が必要になるのではないかと思います。

あまり良いアドバイスができず恐縮ですが、少しでもご参考になりましたら幸いです。

Re: 質問させてください。 - ジャック

2014/06/05 (Thu) 21:30:37

まず、ありがとうございます。
丁寧に回答していただけて感謝しています。

早速、自分に合いそうな本を選びつつ、TJSスクリプトなど
の知識を深めつつ目的に進もうと思います。
本当にありがとうございました。

クリッカブルマップについて。 - 咲香

2013/12/24 (Tue) 01:53:36

はじめまして。
最近吉里吉里でゲームを作りはじめて、こちらのサイトにお世話になっております。

今回は質問があって書き込ませてもらいました。

こちらでセーブ画面をダウンロードして、使わせていただいています。

クリッカブルマップからジャンプするように設定しているのですが、closeを押した時に元のクリッカブルマップがクリックできません。
トランジョンなどの関係でautodisableはtrueにしておきたいので、save.ksの*closeのtemploadをコメントアウトして代わりにジャンプタグを入れてみたりしたのですが、あえて全く関係ないシナリオなどを選んでみても、ジャンプを認識せずに元の画面に戻ってしまいます。
autodisableをtrueのままで、セーブ画面を閉じた時に再びクリッカブルマップを使えるようにする方法はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Re: クリッカブルマップについて。 - 咲香

2013/12/24 (Tue) 17:58:23

すみません、自己解決できました(^_^;)

つづきから、セーブ画面について - ららら

2013/12/18 (Wed) 16:01:09

初めまして、こちらで勉強させていただきADV系ゲームを作らせてもらっています。

今回、ADVゲームの始まりとしてタイトル画面に【はじめから】【つづきから】というリンクがあり、【はじめから】は始まりのシナリオファイルに飛ぶことができたのですが、【つづきから】を押して、【load.ks】に飛びましたところ【ロードをせずに戻る(右クリックorクローズボタン)】という動作をすると
【エラー save.ks 行344 タグ:return returnタグがcallタグと対応していません(returnタグが多い)】
と表示されエラーが発生してしまいました。

まだキリキリを触って1ヵ月程度の若輩者で解決方法がわかりませんでした。
なので、こちらに質問として投稿させていただきました。
一応画像を添付させていただきます。

※コンフィグ、セーブ、ロード画面の全てが【TJSへ挑戦!】様からDLした物となっております。


title.ks の中身はこうなっています。
(first.ks からマクロと.ksを読み込みtitle.ksに飛ぶようにしています)
/////////////////////////////////////////
*title
[exsysbtopt forevisible=false backvisible=false]
[image storage="ロゴ2(ただの背景です)" layer=base page=fore]
[wait time=200]
[link storage=ky.ks]はじめから[endlink][r]
[link storage=load.ks]つづきから[endlink][r]
[s]

Re: つづきから、セーブ画面について - tack URL

2013/12/19 (Thu) 02:37:57

初めまして。当サイトをご活用頂きありがとうございます。

ご質問頂きました件にお答えいたします。
当サイトで公開しておりますセーブ・ロード画面は、いずれもサブルーチンの形式となっておりますので、call タグによる画面表示はできますが、jump タグや link タグによる画面表示はできません(jump/link タグで画面表示をするとご連絡頂いたようなエラーが発生します)。

link タグを使用してセーブ・ロード画面を表示する際には、一度適当なラベルにジャンプして、そこから call タグにより画面を表示してください。

例えば、以下のようになります。

*title
[exsysbtopt forevisible=false backvisible=false]
[image storage="ロゴ2(ただの背景です)" layer=base page=fore]
[wait time=200]
[link storage=ky.ks]はじめから[endlink][r]
[link target=*load]つづきから[endlink][r]
[s]

*load
[call storage=load.ks target=*initialize]
[s]

お手数ではございますが、こちらの方法をお試し頂けますと幸いです。

Re: つづきから、セーブ画面について - ららら

2013/12/19 (Thu) 03:36:15

ありがとうございます、無事タイトル画面に戻ることができました。

>>jump/link タグで画面表示をするとご連絡頂いたようなエラーが発生します

そうだったのですね、知識がまだ無くすいません。

改めまして、今回質問にお答えいただきありがとうございました。

更にあなた様のサイトを読み込みTJSについて勉強させていただきます。

eximage使用時の処理速度について - ねき

2013/10/29 (Tue) 03:46:50

はじめまして。こちらのサイトで勉強させてもらっています。

eximageが大変便利で使わせていただいていますが、eximageの使用時にブラーと拡大・縮小を一緒に使用すると動作が遅くなる事があり、何か解決策等ございましたらご指導の方よろしくお願いします。

Re: eximage使用時の処理速度について - tack URL

2013/10/30 (Wed) 02:34:26

初めまして。当サイトをご利用頂きありがとうございます。

eximageマクロにつきまして、画像の拡大・縮小処理やブラー処理にはある程度時間を要します(特に拡大率が非常に大きい場合にはかなりの時間を要する可能性があると思います)ので、拡大・縮小とブラーを併用しますと、ある程度動作が遅くなるのはやむを得ないかと思いますが、そういった点を考慮しても明らかにおかしい程動作が遅くなるのでしょうか?

拡大・縮小処理やブラー処理には Layer クラスに実装されている stretchCopy メソッドや doBoxBlur メソッドをそのまま使用しておりますので、eximage側で(TJSスクリプトを用いて)速度を改善するのは非常に難しいと思います。

もし特定の条件下でのみ動作が遅くなるということでしたら、eximageの不具合の可能性も考えられますので、どのような場合に動作が遅くなるのかを具体的にお知らせ頂けませんでしょうか。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

Re: eximage使用時の処理速度について - ねき

2013/10/30 (Wed) 18:52:54

お返事ありがとうございます。

おそらくおっしゃる通り処理が追いついていないだけだと思います。
やはり、拡大とブラーの併用はしない方がいいですね。

ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

メッセージ履歴アクションボタンについて(1002script) - なお

2013/09/09 (Mon) 01:11:53

こんばんは。先日ご質問させて頂いたものです。
困った時は自力で…という舌の根も乾かないうちに書き込むのは非常に恐縮なのですが、自力で解決できそうにないので再び教えて頂ければと思います。

「1002script」をお借りして履歴画面を作っています。
ボイス再生用のボタンを設置したところ、セリフの1行目は問題なく表示されました。
が、2行目以降、ボタンがセリフの一つ下の行にずれて表示されます。
↓こんな感じです↓

【ボタン】こんにちは
     こんばんは
【ボタン】

ExtendedHistoryLayer.tjs は、onButtonClickのところに効果音停止の処理を追加しています。

「drawActionButton」でアクションボタンを描画していると思うのですが、どうしたら直せるのか分かりません。
大変恐縮でございますが、アドバイス頂ければ幸いです。

Re: メッセージ履歴アクションボタンについて(1002script) - tack URL

2013/09/09 (Mon) 22:58:14

こんばんは。
ご質問頂いた件につきまして、現状では原因に思い当たるところがございませんので、すみませんが今回もこちらからいくつか質問させて頂きたいと思います。

まず、2つ目の【ボタン】の横には3行目の文章が表示されるのでしょうか?
それとも2つ目の【ボタン】の横には何も表示されず、3行目の文章は2つ目の【ボタン】の次の行に表示されるのでしょうか?

また、1行目にはボタンが無く、2行目のみにボタンがあるような場合には、そのボタンは正しい位置に表示されるのでしょうか?

(onButtonClickメソッドとは関係なさそうですが念のため)効果音停止の処理を追加する前からこの現象は起こっていたのでしょうか?

以上お手数をおかけいたしますが、ご回答を頂けますと幸いです。


以下は参考までに:
横書き表示の場合、アクションボタンの表示位置(y座標)は、608行目のaddActionButtonメソッドを呼び出している箇所の第2引数 n * lineHeight + controlHeight + marginT と、addActionButtonメソッド内の493行目のsetPosメソッドの第2引数 y + (fontHeight - actionButton.height) \ 2 の部分で決定しています。

ここで、y = n * lineHeight + controlHeight + marginT ですので、結果的に、n行目のアクションボタンのy座標は n * lineHeight + controlHeight + marginT + (fontHeight - actionButton.height) \ 2 となります。

なお、lineHeight, fontHeight は Config.tjs で設定できます。
controlHeight, marginT は HistoryLayer.tjs に記載されています(変更していなければ、controlHeightは20、marginTは12です)。
actionButton.height はアクションボタンの高さです。

Re: メッセージ履歴アクションボタンについて(1002script) - なお

2013/09/10 (Tue) 01:23:25

お返事ありがとうございます。
さっそくですが、ご質問に回答させていただきます。

・2つ目のボタンの横には、3行目の文字が表示されます。

・1行目にボタンがない場合、2行目のボタンは正常な位置に表示され、3行目以降が一段下にずれます。

・効果音停止の処理を削除してみましたが同様でした。

参考アドバイスありがとうございます!
dmタグで以下の内容を確認いたしました。
lineHeight=26、fontHeight=24、controlHeight=20、marginT=12

また、nがいくつの時にdrawActionButtonが実行されているか確認したところ、最初の行以外は全て実際にボタンを置きたい行+1で表示されました。
なので、drawActionButtonを呼び出している元をたどってみたのですが、そこから先に進めませんでした。

大変図々しいとは存じますが、当該部分だけ抜き出したスクリプトをメールにてお送りさせて頂きました。もしよろしければ、お目通し願えればと思います。(ファイルはウィルススキャン済みです)

お手数おかけして申し訳ありません。何卒ご指導頂きますようお願い致します。

Re: メッセージ履歴アクションボタンについて(1002script) - tack URL

2013/09/10 (Tue) 22:22:00

早速のご回答ありがとうございます。
メールの方確認いたしました。

メールでお伝えしました通り、hact/endhactタグの記述位置が適切でないことが、アクションボタンがずれて表示されていた原因と思われます。

hact/endhactタグが適切な位置に来るようにスクリプトをご修正頂き、アクションボタンが正しく表示されるかどうかご確認頂けますと幸いです。

よろしくお願いいたします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.